ポストスクリプトとPCLの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PostScriptとPCLの大きな違いは、PostScriptがAdobe Systems社が開発したPage Description Languageであるのに対し、PCL(Printer Command Language)はHewlett-Packard社がプリンタプロトコルとして開発したPage Description Languageである点です。

一般に、ページ記述言語とは、実際の出力ビットマップよりも高いレベルで印刷ページの外観を記述するコンピュータ言語です。

これらの言語は、テキストまたはバイナリストリームで構成されています。

PostScriptとPCLはどちらも一般的なページ記述言語です。

スポンサーリンク

ポストスクリプトとは

PostScriptは、電子出版やDTPビジネスにおけるページ記述言語です。

Adobe Systemsが開発した。

また、動的型付けプログラミング言語です。

PostScriptには様々なバージョンがあります。

1984年にPostScript Level 1がリリースされた。

ポストスクリプトレベル2は、1991年に発表された。

速度と信頼性を向上させる機能、RIP分離のサポート、合成フォントの画像解凍サポート、再利用可能なコンテンツをキャッシュするフォーム機構などが含まれている

そして1997年、アドビシステムズ社はPostScript 3を発表した。

これは、古い演算子の新しい辞書ベースバージョンと、より優れたカラー処理で構成されている。

さらに、スムーズなシェーディング操作が可能になり、コンポジットカラーページにインクカラーを追加することができるようになった

そのため、雑誌の制作ではPostScript 3が使われている。

一般にレーザープリンターでは、高品質なグラフィックとテキストを同一ページ上に配置することが可能である

ポストスクリプトは、どのメーカーのプリンターにも対応できる単一の制御言語として機能する。

さらに、通常のプリンター制御言語の枠を超え、それ自体がプログラミング言語となっている。

ほとんどのアプリケーションは、文書をPostScriptのプログラムに変換することができる。

このプログラムをプリンタのインタプリタに送って印刷させたり、他のアプリケーションに送って画面に表示させたりすることができる。

プリンタのインタプリタは、PostScriptプログラムの命令を、出力に必要なドットに変換します

そのため、PostScriptインタプリタの別名は、PostScript Raster Image Processors (RIP)です。

PCLとは

PCLとは、Printer Command Languageの略です。

ヒューレットパッカード社がプリンタプロトコルとして開発した。

  1984年にインクジェットプリンター用に開発された。

その後、サーマルプリンター、マトリックスプリンター、ページプリンターなど様々なプリンターで利用されるようになった。

さらに、PCLの後期バージョンでは、HP-GL/2やPJLもサポートされた。

ただし、PCLをPrinter Control Languageと呼ぶユーザーもいるが、それは誤りです。

実は、Printer Control Languageは、Page Description Languageを表す別名なのです。

PCLにも、さまざまなバージョンがあります。

PCL 1は、最大解像度150dpi(dot per inch)で、基本的なテキストとグラフィックの印刷を提供した。

現在では廃止されている。

しかし、次のバージョンであるPCL 2は、現在でもいくつかのインパクトプリンターで使われている。

データ処理やトランザクションなど、より多くの機能性を持っています。

また、ビットマップフォントもサポートしている。

さらに、最大解像度は300dpiです。

その後、PCL 4はマクロ、より大きなビットマップフォントやグラフィックを追加でき、PCL 5はIntellifontフォントのスケーリング、アウトラインフォント、HP- GL/2(ベクトル)グラフィックを追加できるようになった。

最後に、最新版であるPCL 6は、PCL 6 Enhanced、PCL 6 Standard、フォント合成から構成されています。

PostScript と PCL の違い

定義

PostScriptは、ページ記述言語の一つ。

アドビシステムズ社が電子出版やDTPのために開発した。

しかし、PCLはHewlett-Packard社がプリンタプロトコルとして開発したページ記述言語(PDL)です。

これがPostScriptとPCLの大きな違いです。

開発者

Abode SystemsがPostScriptを開発し、Hewlett PackardがPCLを開発した。

バージョン

なお、PostScriptの共通バージョンとしてPostScript level 1, 2, 3、PCLの共通バージョンとしてPCL 1, 2, 3, 3+, 4, 5, 5e, 5cが挙げられます。

結論

簡単に説明すると、ページ記述言語とは、印刷されたページの外観を記述するコンピュータ言語です。

ページ記述言語には、PostScriptとPCLがあります。

ただし、PostScriptとPCLの大きな違いは、PostScriptはAdobe Systems社が開発したページ記述言語であり、PCLはHewlett-Packard社がプリンタプロトコルとして開発したページ記述言語であることである

タイトルとURLをコピーしました