ブラックボードとホワイトボードの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒板とホワイトボードの違いは、その様々な利点によって決まります。

黒板は安価で読みやすく、網掛けや色付けに適しているのに対し、ホワイトボードは健康上の問題がなく、教材として多目的に使用できます。

黒板は硬くて滑らかな黒色の板で、チョークで書いたり絵を描いたりすることができ、ホワイトボードは滑らかで白い板で、乾電池で書いたり絵を描いたりすることができる。

スポンサーリンク

Blackboardとは?

黒板は、特に教室で文字を書くために使われる、表面が黒くて硬くて滑らかな板です。

炭酸カルシウムの棒であるチョークを使って、ボードに文字や絵を描きます。

このボードは、白いチョークが映えるように黒く塗られています。

また、黒板と同じような働きをする緑色の板もあります。

かつては、黒板が学校の主な教具でした。

しかし、現在では多くの学校がそれに代わるものを見つけ、黒板は一部の学校でしか見かけなくなりました。

また、レストランでは、メニューや特別メニューを表示するために黒板を使っているところもあります。

Main  Difference - Blackboard vs Whiteboard

黒板にはメリットとデメリットの両方があります。

黒板の大きな欠点は、チョークの粉です。

チョークの粉は空気中に漂い、それを吸い込むと、人の気道や肺に沈着してしまいます。

さらに、チョークダストは咳や目のかゆみ、喘ぎなどさまざまな症状を引き起こす可能性があります

しかし、黒板の使用は比較的安価で、チョークが生分解性であることから環境にもやさしいといえます。

また、黒板に白色のチョークを使用することで、コントラストが良くなり、より見やすく、鮮明になります。

ホワイトボードとは?

ホワイトボードとは、教育やプレゼンテーションに使用される、表面が白い拭き取り可能なボードのことです

メラニン、スチール、磁器、ハードコートラミネート、強化ガラスは、一般的にホワイトボードの表面を作るために使用される材料です。


消去可能なマーカーは、それらに書き込むために使用されます

私たちはこれをホワイトボードマーカー、またはドライイレイサブルマーカーと呼んでいます。

これらは、ドライイレーザーや布で消すことができます。

ただし、書いたものを何日も置いておくと、消しにくくなることがあります。

 Difference Between Blackboard and Whiteboard

ホワイトボードは1990年代半ばに普及し、多くの教室やオフィスでは黒板の代わりに使われています。

また、ホワイトボードはプロジェクターのスクリーンとしても利用されています。

また、ホワイトボードはプロジェクタースクリーンの役割も果たし、ビデオの再生やプレゼンテーションに利用されています。

現在では、コンピュータで制御する電子ホワイトボードであるインタラクティブ・ホワイトボード(IWB)もあります。

黒板とホワイトボードの違い

定義

黒板は硬くて滑らかな黒色の板で、チョークで書いたり絵を描いたりすることができます。

執筆

黒板に書くにはチョーク(炭酸カルシウム)、ホワイトボードに書くにはホワイトボードマーカーが必要です

使用方法

かつて黒板はほとんどの教室で必須の教材でしたが、現在はホワイトボードが黒板の代わりを果たしています。

ダスト

チョークの粉は呼吸困難やアレルギーの原因となりますが、ホワイトボードの使用ではそのような問題はありません。

デザイン・芸術関係

絵やデザインは、ホワイトボードよりもブラックボードの方が、色や濃淡の表現がしやすいので、ブラックボードの方が適しています。

環境負荷

黒板は、チョークが生分解性であるのに対し、ホワイトボードはマーカーが生分解性でないため、環境にやさしいといえます。

結論

黒板にもホワイトボードにも、それぞれ長所と短所があります。

そのため、黒板とホワイトボードの違いを考慮した上で、どちらを購入するか決めることが大切です。

黒板は、色や濃淡の表現に優れているため、図面やデザインを描く場合は、ホワイトボードよりも黒板の方が好ましいと言えます。

しかし、チョークの粉は呼吸困難やアレルギーの原因になることがありますが、ホワイトボードを使えばそのような問題は起こりません。

用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました