羊水と尿の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羊水と尿の大きな違いは、羊水が羊膜の中に発生する保護液で、成長する胎児のクッションの役割を果たすのに対し、尿は腎臓で作られる代謝の副産物である液体であることです。

また、羊水は母体と胎児の間で栄養や水分の交換を促進する役割を、尿は副産物である窒素などの水溶性化学物質を体外に排泄する役割を担っている。

羊水と尿は、動物の体内で作られる2種類の液体で、それぞれ異なる体の機能を担っています。

重要なのは、どちらも尿素とクレアチニンを含んでいることです。

主な対象分野

  1. 羊水とは
         – 定義、成分、機能
  2. 尿とは
         – 定義、成分、働き
  3. 羊水と尿の共通点
         – 共通点の概要
  4. 羊水と尿の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

羊水、羊膜嚢、腎臓、窒素含有廃棄物、尿

羊水とは

羊水は、胎児を包む水のような液体です。

そのため、赤ちゃんの周りの温度を一定に保ちながら、クッションのような役割で保護しています。

また、赤ちゃんの肺や消化器官の発達を助ける働きもあります。

一般的に、赤ちゃんは羊水を呼吸し、飲み込みます。

一方、羊水がへその緒の圧迫を防ぐことで、赤ちゃんは動くことができるようになり、筋肉や骨の発育がよくなります。

図1:羊水

さらに、羊水は、受胎後12日目頃にできる羊膜の中にある。

主成分は水だが、羊水には赤ちゃんの尿もかなり含まれている。

羊水の色は、透明なものと黄色を帯びたものがあります。

ただし、赤ちゃんの最初の排便であるメコニュームの場合は、羊水が緑色や褐色になります。

一般に、この状態では呼吸障害を防ぐために、出生後に治療が必要になることがあります

通常、羊水が漏れる主な兆候のひとつは、無秩序に流れ続けられることです。

スポンサーリンク

尿とは

尿とは、腎臓の働きによってできる淡い黄色の液体です。

一般に、尿は3つのステップで形成されます。

濾過、再吸収、分泌の3段階です。

通常、濾過はボーマン嚢で糸球体濾液を形成する。

そして、腎臓の機能単位であるネフロン内を移動し、濾液中の水分、低分子、塩分の再吸収とクレアチニン、薬剤、水素イオンなどの濾液への分泌により尿が作られる。

最終的に、腎臓は尿管を通じて膀胱に尿を流し、膀胱は尿道を通じて体外に尿を放出する。

図2:尿

また、尿の95%は水分で構成されている。

さらに、尿素(9.3g/L)、塩化物(1.87g/L)、ナトリウム(1.17g/L)、カリウム(0.750g/L)、クレアチニン(0.670g/L)などが含まれる。

尿は、体内の窒素系老廃物や余分な塩分、その他の水溶性化学物質を排泄する主な媒体として機能しています。

そのため、体内の浸透圧のバランスを保つ働きをしています。

羊水と尿の類似点

  • 羊水と尿は、動物が作り出す液体の一種です。
  • どちらも血漿から浸透圧と静水圧によって膜を通過して生成される。
  • 羊水は主に水と電解質で構成されている。また、尿素やクレアチニンを含む。
  • どちらも代謝性老廃物を除去する働きがあります。
  • 一方、飲み込んだ羊水は尿となる。
  • 破水の原因となる羊水と妊娠中の尿を区別することは困難です。

羊水と尿の違い

定義

羊水は羊膜の中で胎児を包んでいる液体のことで、尿は水っぽく、典型的には黄色っぽい液体で、余分な水分と塩分を排出する主な手段の一つです。

有意性

さらに、羊水の内部では腎臓が尿を生成する一方で、羊水が発生する。

外観

羊水は水っぽく透明ですが、黄色や緑色、白い斑点がある場合もあります。

臭気

羊水は無臭ですが、尿は排尿後の細菌の繁殖により、「魚のような」強い臭いがします。

組成

羊水にはタンパク質、糖質、脂質などの栄養素、ホルモン、免疫系細胞、赤ちゃんの尿が含まれ、尿には主に水、無機塩類、タンパク質、ホルモン、様々な代謝産物が含まれています。

正常なレベル

羊水の正常値は、妊娠36週までに約1リットル、その後出産まで減少し、尿の正常範囲は1人1日0.6〜2.6リットルです。

機能

また、羊水は胎児のクッションの役割を果たし、母子間の栄養や水分の交換を促進し、尿は窒素老廃物や過剰塩分などの水溶性化学物質を体外に排泄する役割を担っています。

妊娠中

羊水漏れは、筋肉を絞ることで尿の量を調節することができますが、本当の羊水漏れは調節することができません。

結論

羊水は、胎児を包むクッションのような液体です。

また、透明で水っぽいのが特徴です。

しかし、母体と赤ちゃんの間で栄養や水分の交換ができるようになっています。

一方、尿は腎臓から出る淡い黄色の液体です。

窒素を含む老廃物や余分な塩分、水溶性の化学物質などを体外に排泄する働きがあります。

したがって、羊水と尿の大きな違いは、その発生と働きにある。

タイトルとURLをコピーしました