脛骨と腓骨の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


脛骨と腓骨の主な違いは、脛骨が下腿の内側で比較的大きな骨であるのに対し、腓骨は下腿の2番目の骨で、外側で小さな骨であることである

また、脛骨は膝と足関節をつないでいるのに対し、腓骨の頭は足関節より下にあり、その下端は足関節の下部を形成している。

また、脛骨は人体で2番目に大きな骨です。

簡単に説明すると、脛骨と腓骨は2つの長い骨で、膝関節より下の脚の下部を形成している。

一般に、脛骨は「すねの骨」、腓骨は「ふくらはぎの骨」とも呼ばれる。

主な対象分野

  1. 脛骨とは
         – 定義、解剖学、機能
  2. 腓骨(ひこつ)とは
         – 定義、解剖学、機能
  3. 脛骨と腓骨の類似点とは?
         – 共通する特徴の概要
  4. 脛骨と腓骨の違いについて
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

脛骨(けいこつ)とは

脛骨は、人体で2番目に大きな骨で、膝と足首の関節の間に存在します。

その大きさとは別に、脛骨は下腿の2番目の骨の前方に発生し、より強い骨です。

また、正中面により近いところに発生します。

脛骨は、骨幹部と2つの骨端部を持つ長い骨です。

Tibia vs Fibula 図1:脛骨(けいこつ

さらに、脛骨の上端は膝関節の形成に直接関与している。

また、骨の上側の関節面には内側面、外側面と呼ばれる2枚の小面があります。

一方、脛骨の下肢は腓骨、距骨とともに足関節を形成しています。

通常、骨の下面には、下面、前面、後面、外側面、内側面の5つの面があります。

重要なのは、内側面が下方に延長していることで、内側踝と呼ばれる強い錐体突起を含んでいます。

スポンサーリンク

フィブラとは

ふくらはぎの骨である腓骨は、下腿のもう一つの骨で、脛骨と平行に生じています。

脛骨と比較すると、細いです。

しかし、長さは脛骨と同じです。

また、腓骨は脛骨の外側に発生します。

一般に、腓骨は脛骨と骨間膜でつながり、シンデスモーシスという繊維性の関節を形成しています。

重要なのは、この関節がほとんど動かないことです。

また、腓骨も長い骨で、その上端は膝関節の形成には関与しない。

また、脛骨の頭の後ろ側に位置する。

一方、腓骨の下端は、上端の平面に対して少し前方に位置している。

また、脛骨の高さより下に突出しています。

重要なのは、この骨の下肢が足関節の外側部分を形成していることである

脛骨と腓骨の類似点

  • 脛骨と腓骨は、脚の下部にある2種類の長骨です。
  • 脛骨と腓骨は、骨幹部と2つの骨端部から構成されています。
  • どちらも膝関節の下と足首関節の上に平行に存在します。
  • また、長さも同じです。
  • 骨間膜で連結されています。
  • また、筋肉が付着するための多くの種類があります。
  • 足首を安定させ、下肢の筋肉をサポートします。
  • 下腿の骨折の原因となります。
  • 一般的に脛骨骨折は、骨間膜を介した力の伝達により、常に腓骨骨折と関連しています。

脛骨と腓骨の違い

定義

脛骨は脚の前面下部にある大きな骨で、腓骨は膝と足首の間にある2つの骨のうち外側にある通常より小さな骨を指す。

また、次のように知られています。

脛骨は「すねの骨」、腓骨は「ふくらはぎの骨」とも呼ばれる。

サイズ

脛骨は大きく、腓骨は小さい。

直径

脛骨は広く、腓骨は薄い。

ポジション

脛骨は前方、腓骨は側方に発生する。

アーティキュレーション

脛骨は膝と足関節を結び、腓骨の頭は足関節の下方にあり、その下端は足関節の下部を形成する。

機能

脛骨は体重を支え、腓骨は足首の関節を安定させる。

結論

脛骨は、人体で2番目に大きな骨です。

また、下腿の2番目の骨である腓骨の前方、膝と足首の関節の間に存在する。

脛骨は、体重を支えるのに重要な役割を担っている。

一方、腓骨は後方の細い骨で、主に足首の関節を安定させる働きがあります。

したがって、脛骨と腓骨の主な違いは、その解剖学的構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました