胚珠と胚盤胞の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


胚盤葉と胚盤胞の主な違いは、胚盤葉が動物の胚発生の初期形態であるのに対し、胚盤胞は哺乳類の胚盤であることである

さらに、胚盤胞の特徴は、液体に満たされた球状の細胞層が存在することであるのに対し、胚盤胞は絨毛細胞の層が並び、一端に内細胞塊を含み、液体に満たされた空洞は胚腔と呼ばれる

胚葉と胚盤胞は、動物の胚発生の初期段階にある2つのタイプです。

胚盤胞は原腸陥入を経て、原腸に成長する。

スポンサーリンク

ブラストゥーラとは

動物の初期胚発生段階の一つ。

接合部が切断されてできた固い細胞の塊である「臼蓋」から発生する。

一般に、胚盤は胚珠と呼ばれる細胞の外層で構成されている。

胚盤胞の内部は、胚盤腔と呼ばれる液体で満たされた空洞です。

胚盤と胚珠は、3つの胚葉を含む胚葉へと発達する。

この過程を「原腸陥入」という。

図1:胚盤(ブラストゥーラ)

さらに、脊椎動物の胚盤の大きな特徴の一つは、胚珠と呼ばれる胚葉の層が存在することである

さらに、胚盤胞期には、細胞極性の確立、遺伝子発現の制御、細胞の特定、軸の形成など、いくつかの活動が行われる。

ショウジョウバエやXenopusなどの一部の動物では、胚盤胞移行中期と呼ばれるイベントが発生し、過剰な発生を制御するために母性mRNAの分解が行われる。

ブラストシストとは

胚盤胞は、哺乳類の胚発生の初期段階です。

ヒトの胚盤胞の形成は、受精後5日目以降、モルラという液体で満たされた空洞が開くことで始まる。

哺乳類の胚盤胞は、腔の中の一端が栄養膜細胞として知られる外層細胞と内細胞塊(ICM)または胚芽から構成されている。

また、ここで液体に満たされた空洞は胚盤胞と呼ばれる。

What is the Difference Between Blastula and Blastocyst 図2:胚盤胞

一般に、胚盤胞の直径は0.1〜0.2mmです。

約200〜300個の細胞で構成され、急速に分裂している。

受精後約5〜6日で子宮に到達し、子宮内膜に埋まり始める。

この過程を着床と呼びます。

着床は受精後11〜12日目以降に完了します。

さらに、胚盤胞は、単層の胚葉が多層構造に再編成される「胚形成」と呼ばれる過程を経て、さらに成長する。

さらに重要なことは、胚盤胞は受精卵の着床期であるため、体外受精では受精卵を子宮に着床させるために使用されることである

Blastula と Blastocyst の類似点

  • 動物の初期胚発生段階として、胚珠と胚盤胞の2種類があります。
  • 両者とも球状の細胞層からなり、その細胞層は胚珠または胚盤腔と呼ばれる液体で満たされた空洞を取り囲んでいる。
  • また、両段階ともモルラから発生する。
  • さらに、「胚形成」と呼ばれる過程で、複数の層を含む「胚盤胞」へと発達する。
  • しかし、胚盤胞の研究は、幹細胞技術や不妊治療において重要です。

Blastula と Blastocyst の違い

定義

動物の胚のうち、発生初期に細胞の塊であるものを「胚盤胞」というが、哺乳類の胚のうち、ある程度細胞が分化しているものを「胚盤胞」という。

このように、胚盤と胚盤胞の主な違いはここにある。

発生状況

また、胚盤胞とブラストシストのもう一つの違いは、胚盤胞が哺乳類で発生するのに対し、バスチュラは動物で発生することである

外細胞層

胚盤胞の外側の細胞層は絨毛と呼ばれ、胚盤胞の外側の細胞層は絨毛と呼ばれる。

インナーセル質量

さらに、内細胞量も胚盤胞との違いのひとつです。

胚盤胞には内細胞塊があるが、胚珠には内細胞塊がない。

多能性

また、胚盤胞では胚中心または胚葉が多能性であるのに対し、胚盤胞では内部細胞塊が多能性です。

したがって、この点も胚盤と胚盤胞の違いといえる。

結論

胚盤胞とは、動物の胚発生の初期段階です。

胚珠と呼ばれる外側の細胞層からなり、胚盤胞と呼ばれる液体を含んだ空洞を取り囲んでいる。

これに対し、胚盤胞は哺乳類の発生初期で、絨毛膜と呼ばれる外側の細胞層と胚盤胞の片側にある内側の細胞塊から構成されている。

胚盤胞は、胚盤胞の空洞部分でもあります。

胚盤胞も胚珠も、モルラから発生し、原腸陥入という過程を経て、胚盤胞を生じます。

しかし、胚盤胞と胚珠の大きな違いは、その発生にある。

タイトルとURLをコピーしました