立方晶と円柱晶の違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


立方体細胞と柱状細胞の主な違いは、立方体細胞は高さと幅がほぼ同じであるが、柱状細胞は幅よりも高さが高い大きさです。

そのため、立方体細胞は立方体の形をしており、柱状細胞は柱状の形をしている。

さらに、立方晶は腎臓の尿細管や小腺の管などを構成し、柱状細胞は分泌や吸収に関わることが多い。

つまり、立方晶と柱状細胞は、単純上皮と重層上皮という異なる組織を持つ2種類の上皮細胞なのです。

上皮は動物の4種類の組織の一つで、臓器や血管の外面、内臓の空洞の内面を覆っている。

主な対象分野

  1. キューボイド細胞とは
         – 定義、解剖学、機能
  2. 柱状細胞とは
         – 定義、解剖学、機能
  3. 立方晶系細胞と柱状細胞の類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. 立方晶系細胞と柱状細胞の違いとは?
          – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

Cuboidal Cells, Colmnar Cells, Epithelial Cells, Pseudostratified Epithelium, Simple Epithelium, Stratified Epithelium Difference Between Cuboidal and Columnar Cells - Comparison Summary

スポンサーリンク

キューボイド細胞とは?


上皮細胞の一種で、単純立方上皮と重層立方上皮という2種類の上皮を形成している

立方晶は、高さと重さがほぼ同じで、立方体のような形をしているのが大きな特徴です。

単純立方上皮

単純立方上皮は、基底膜上に立方体の細胞が単層になったものです。

通常、腎臓、膵臓、唾液腺などの小集積管に発生する。

また、その機能は、分泌と吸収です。

層状立方上皮(Stratified Cuboidal Epithelium)。

層状立方上皮は、基底膜の上に立方体の細胞が2層以上並んでいるものです。

また、この上皮は、汗腺、唾液腺、乳腺に存在する。

さらに、保護組織としての役割も果たしている。

柱状節理とは


柱状細胞も上皮細胞の一種で、単純柱状上皮、仮柱状上皮、重層柱状上皮の3種類の上皮組織を形成しています

立方体に比べ、柱状細胞の形状は柱状であるため、幅より高さがあります。

単純柱状上皮

単純柱状上皮は、柱状の上皮細胞が1層になったものです。

そして、これらの細胞は密に詰まって一列に並んでいる。

さらに、この上皮は、胃の壁のような分泌機能の高い部分と、腸の内腔のような吸収機能の高い部分に存在する。

このうち、小腸の内腔には、絨毛と呼ばれるひだのほか、微絨毛や繊毛などの細胞外延があり、吸収の効率を高めている。

Main Difference - Cuboidal and Columnar Cells 図2:単純柱状上皮

また、女性の生殖器も繊毛を持つ単純柱状上皮で覆われている。

また、単純柱状上皮には粘液を分泌する杯細胞が存在する。

偽層状柱状上皮(Pseudostratified Columnar Epithelium)。

仮柱上皮は、単純な柱状上皮の一種で、細胞の高さが異なる核を持つ

そのため、この上皮は細胞の上にも繊毛を含んでいる。

例えば、鼻や気管支などの気道、子宮、女性の卵管などに存在し、繊毛が卵子を子宮に送り込む役割を担っている。

層状柱状上皮(Stratified Columnar Epithelium)。

層状柱状上皮は、柱状上皮細胞が何層にも重なっているものです。

特に、男性の尿道やいくつかの腺の管に存在する。

また、その機能は分泌と保護です。

キューボイド細胞と柱状細胞の類似性

  • 立方晶と円柱晶は、上皮細胞の2つのタイプです。
  • 単純上皮と層状上皮の両方の組織を示すことができる。
  • 細胞は基底膜の上に存在する。
  • また、両者の主な機能は、臓器の内部空洞と外表面を覆うことです。

立方晶と円柱晶の違い

定義

上皮細胞のうち、1層以上の細胞が立方体または多面体で構成されているものを指す。

一方、柱状細胞は、通常、背が高く、幅が狭く、やや円柱状の上皮細胞を指す。

形状

立方体の細胞は高さと幅がほぼ同じであるが、柱状の細胞は幅より高さがあります。

タイプ

立方細胞には単純立方上皮と層状上皮の2種類があり、柱状細胞には単純柱状上皮、仮柱状上皮、層状柱状上皮の3種類があります。

繊毛

立方体の細胞には繊毛は発生しないが、単純柱状上皮と仮柱状上皮の両方に繊毛は発生する。

単純上皮 – 発生率

通常、単純立方上皮は小腺の管や分泌部、腎臓の尿細管に、単純円柱上皮は気管支、尿細管、子宮の繊毛組織、消化管や膀胱の非繊毛組織に存在する。

単純上皮 – 機能

分泌と吸収は立方晶系上皮の機能です。

具体的には、吸収と粘液や酵素の分泌が単純柱状上皮の機能です。

層状上皮 – 発生率

通常、成層立方上皮は汗腺、唾液腺、乳腺に、成層柱状上皮は男性の尿道やいくつかの腺の管に発生する。

層状上皮 – 機能

層状立方上皮は保護組織として機能し、層状柱状上皮は分泌と保護がその機能です。

結論

立方体細胞は、縦横がほぼ同じ立方体の形状をした上皮細胞です。

さらに、立方形細胞には単純立方上皮と重層立方上皮の2種類があります。

そして、これらの細胞は主に小腺や尿細管を形成する。

一方、柱状細胞は、幅よりも高さがある別のタイプの上皮細胞です。

また、柱状細胞には、単純柱状上皮、仮柱状上皮、重層柱状上皮の3種類があります。

このうち、単純柱状上皮と仮柱状上皮のどちらにも繊毛が存在する。

さらに、柱状細胞の主な機能は分泌と吸収です。

したがって、立方晶と柱状細胞の主な違いは、その解剖学的構造と機能です。

タイトルとURLをコピーしました