バッチ処理とマルチプログラミングの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


バッチ処理とマルチプログラミングの主な違いは、バッチ処理では複数のプログラムを最小限の人的操作で実行できるのに対し、マルチプログラミングでは複数のプログラムを1つのプロセッサシステム上で実行できることである

コンピュータシステムには、システム全体の機能を管理するためのオペレーティングシステムがあります。

さらに、システムによって、さまざまな方法でタスクを実行する。

バッチ処理とマルチプログラミングは、そのうちの2つの方法です。

スポンサーリンク

バッチ処理とは

Batch processing is the method that allows programs to execute without much human interaction. The jobs in batch processing can execute without end-user interactions. Moreover, these systems can start on their own according to the available resources. In addition, a special program called the monitor manages the execution of the other programs in the batch. And, this monitor is present in the main memory.  In batch processing systems, the input data is preselected using scripts or command line parameters.Difference Between Batch Processing and Multiprogramming Batch processing provides a number of advantages. It allows multiple users and programs to share computing resources. Moreover, it is also possible to shift the jobs to resources that are not busy.  Additionally, it waits a long time to get computer resources. Furthermore, it reduces costs and requires minimum manual supervisions.

マルチプログラミングとは

マルチプログラミングとは、ユニプロセッサ上で複数のプログラムを同時に実行させる方法です。

複数のプログラムが存在する。

オペレーティングシステムは、各プログラムの一部を一度に実行する。

しかし、ユーザーからは、すべてのプログラムが同時に実行されているように見える。

マルチプログラミングシステムにおいては、非マルチプログラミングシステムと異なり、CPUは常に1つのプログラムを実行する。

また、システム内にメモリ保護方式があれば、あるプログラムのバグが他のプログラムに干渉する可能性は低くなる

また、メモリ保護機構が多くなると、記憶内容に変化が生じる可能性がある

したがって、システムがクラッシュする可能性があります

さらに、どのプログラムに不具合があったのかがわかりにくいため、デバッグが困難になることもあります。

バッチ処理とマルチプログラミングの違い

定義

バッチ処理とは、複数の処理ジョブをグループ化し、ユーザーの操作なしにコンピュータが次々と実行することである

一方、マルチプログラミングとは、1つのプロセッサマシン上でOSが複数のプログラムを同時に実行することである

これがバッチ処理とマルチプログラミングの主な違いです。

速度

バッチ処理とマルチプログラミングの違いは、スピードも重要です。

バッチ処理では速度が遅く、マルチプログラミングでは速度が速い。

CPU

バッチ処理では、CPUはタスクを実行せずに待機する(アイドル待機しない)ことがあるが、マルチプログラミングでは、CPUは常にタスクを実行する。

使用方法

バッチ処理とマルチプログラミングのもう一つの違いは、その使用方法です。

バッチ処理では、人の介在やコストを最小限に抑えることができ、マルチプログラミングでは、CPUを最大限に活用することができます。

結論

バッチ処理とマルチプログラミングは、どちらもコンピュータシステムがタスクを実行するための2つの方法です。

バッチ処理とマルチプログラミングの主な違いは、バッチ処理では複数のプログラムを最小限の人的操作で実行できるのに対し、マルチプログラミングでは1つのプロセッサシステムで複数のプログラムを実行できることである

さらに、どちらの方式もリソースの共有が可能である

タイトルとURLをコピーしました