DHEAとDHAの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


DHEAとDHAの大きな違いは、DHEAがステロイドホルモンの一種であるデヒドロエピアンドロステロンの略であるのに対し、DHAはEPAと一緒に発生するオメガ3脂肪酸であるドコサヘキサエン酸の略である点です

 さらに、DHEAはヒトに最も多く存在する循環ホルモンの一つであり、DHAは神経系の健康に有益です。

また、DHEAはエストロゲンやテストステロンの前駆体として機能する一方、卵胞の刺激を高めるのに役立ちます。

DHEAとDHAは、体の機能に重要な2種類の物質です。

一般的には、それぞれ異なる目的のためにサプリメントとして摂取されます。

主な対象分野

  1. DHEAとは
          – 定義、タイプfのサプリメント、重要性
  2. DHAとは
          – 定義、サプリメントの種類、重要性
  3. DHEAとDHAの類似点とは?
          – 共通点の概要
  4. DHEAとDHAの違いとは?
          – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

副腎皮質ホルモン、DHA、DHEA、卵胞刺激、オメガ3脂肪酸

スポンサーリンク

DHEAとは?

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、循環しているホルモンの中で最も多く存在するホルモンの一つです。

一般に、副腎はDHEAを生産して、男性ホルモンと女性ホルモンの合成の前駆体として機能します。

また、卵胞の刺激にも重要です。

さらに、大豆やワイルドヤムから抽出したDHEAサプリメントは、骨粗しょう症や皮膚の菲薄化など、加齢に伴う症状を改善するために、妊娠中の母親にも投与されます。

さらに、勃起不全や、アルツハイマー病、うつ病、統合失調症などの神経疾患にも重要です。

図1:DHEA

さらに、DHEAは、クローン病、乾癬、関節リウマチ、ループスなど、さまざまな炎症性疾患を持つ人々にとって重要です。

また、DHEAは、早発性卵巣不全(POF)や卵巣予備能の低下(DOR)にも効果があります。

 さらに、DHEAは、副腎機能不全、慢性疲労、HIV、心臓病、癌の治療にも重要です。

DHAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、オメガ3系脂肪酸の一種で、ニシン、サケ、イワシ、サバなどの脂肪の多い魚に自然に含まれている

また、母乳にも含まれています。

私たちの体内では、オメガ3系脂肪酸を合成することができません。

そのため、DHAは必須脂肪酸の一種です

さらに、DHAは神経系の発達と維持に重要です。

また、炎症を予防する働きもあります。

図2:DHAの模式図

さらに、DHAは胎児の神経系の健康に有益であるため、妊産婦のサプリメントとしても重要です。

基本的には妊娠中だけでなく、授乳中にも摂取することが推奨されています。

さらに、心臓病、関節炎、うつ病、ループス、月経痛などの予防のために、サプリメントとしてDHAを摂取する人もいます。

DHEAとDHAの類似性

  • DHEAとDHAは2種類のサプリメントです。
  • 体内での働きが異なります。

DHEAとDHAの違い

定義

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)とは、副腎から分泌されるホルモンで、男性ホルモンや女性ホルモンの前駆体として機能する。

DHAとは、オメガ3脂肪酸(ドコサヘキサエン酸)で、人間の脳、大脳皮質、皮膚、網膜の主要構成成分です。

意義

DHEAがアンドロゲンやエストロゲンの前駆体となるホルモンであるのに対し、DHAはEPAとともに発生するオメガ3系脂肪酸の一種である

重要性

DHEA は性欲増進、筋肉増強、老化防止などに重要で、DHA は胎児の中枢神経系や光学系の発達に重要です。

妊娠中

さらに、DHEAは妊娠中の摂取を避けるべきですが、DHAは妊娠中や授乳中の摂取が望ましいとされています。

結論

DHEAは副腎から分泌されるホルモンです。

また、男性・女性両方の性ホルモンの合成の前駆体として機能する。

一般的に、DHEAは性欲増進や筋肉増強などのサプリメントとして重要視されています。

一方、DHAはオメガ3系脂肪酸の一種で、食物を通じて体内に取り込まれます

さらに、体内のさまざまな構造の構成要素でもあります。

中枢神経系と光学系の発達に重要です。

したがって、DHAは妊娠中の重要なサプリメントです。

しかし、DHEAは妊娠中は禁止されています。

したがって、DHEAとDHAの主な違いは、物質の種類と重要性です。

タイトルとURLをコピーしました