羽毛布団と掛け布団の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


羽毛布団と掛け布団の大きな違いは、羽毛布団には取り外し可能なカバーが付いているのに対し、掛け布団には取り外し可能なカバーがないことです

羽毛布団と肌掛け布団は、どちらもふんわりとした寝心地で、夜も暖かく過ごすことができる寝具です。

羽毛、ダウン、合成繊維などで作られているのが一般的です。

羽毛布団と掛け布団を同じ意味で使う人もいますが、この2つには明確な違いがあります。

スポンサーリンク

羽毛布団とは

羽毛布団は、羽毛、シルク、羊毛、ダウンなどを詰めた柔らかい平らな袋でできた寝具の一種です

伝統的には、羽毛布団は寝具の最上層として、トップシーツやフィットシーツの上に敷かれます。

また、トップシーツや毛布などのベッドカバーがなくても使用できるため、ベッドメイキングが楽になります。

さらに、毛布よりも暖かく、重くなりにくいという特徴もあります。


羽毛布団には取り外し可能なカバーが付いています

枕カバーが枕を覆うように、羽毛布団を包むように装着します。

また、このカバーには、機能性と装飾性の両方があります。

羽毛布団を清潔に保ち、保護し、さらにベッドに装飾的なタッチを加えることができるのです。

さらに、このカバーはさまざまな素材、色、デザインで提供されています。

だから、さまざまなスタイルを試しながら、簡単にカバーを取り外したり、取り替えたりすることができるのです。

慰めとは

掛け布団は、厚手でふわふわの寝具で、ベッドの上の毛布として使うことができます。

しかも、包装から出してそのまま使える寝具のひとつです。

一般的には、ファッション生地で覆われ、フェザーやダウン、合成繊維が詰められています。

さらに、中綿をしっかり固定するために縫製されています。

Main Difference - Duvet vs Comforter

布団は通常、ピローシャムやシーツなどの他のコーディネート商品と一緒に寝具セットやベッドインバッグとして提供され、すべて同じベッドサイズになります。

掛け布団は通常、ベッドより大きく、ベッドの側面に垂れ下がる。

  その下にシーツや薄手の毛布を追加して使うことはできますが、何かカバーするものやアクセサリーを追加して使うのは避けたほうがいいでしょう。

掛け布団は通常、掃除や洗濯が難しくありません。

吊るして乾燥させるか、洗濯機の弱・穏やかな設定で乾燥させることができます。

羽毛布団と掛け布団の違いについて

定義

羽毛布団は、平らな袋に羽毛や羽毛などを詰めた寝具で、掛け布団は、ベッドの上に敷く厚手のふわふわした寝具です。

表紙

布団にはカバーがないのに対して、羽毛布団には取り外し可能なカバーが付いています

また、羽毛布団は布団カバーの中に入るが、掛け布団は1枚の布団で構成されている。

サイズ

掛け布団は通常、羽毛布団より大きく、ベッドの側面に垂れ下がる。

ふんわり感

また、羽毛布団は掛け布団よりも中綿が多いため、ふわふわ感があります。

そのため、寒い夜には羽毛布団が暖かく感じられるかもしれません。

ウォッシュケア

羽毛布団はカバーを外して洗濯機で洗えるので、お手入れは簡単です。

掛け布団は比較的洗いにくいです。

結論

羽毛布団と掛け布団は、どちらもふんわりとした寝心地で、夜も暖かく過ごすことができる寝具です。

羽毛布団と掛け布団の大きな違いは、羽毛布団には取り外し可能なカバーが付いているのに対し、掛け布団には取り外し可能なカバーがないことです

タイトルとURLをコピーしました