マイクロファイバーとコットンのシーツの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイクロファイバーとコットンのシーツの大きな違いは、マイクロファイバーのシーツが合成繊維で作られているのに対して、コットンのシーツは天然繊維で作られていることです。

コットンは、シーツに最もよく使われる素材の一つです。

環境に配慮する消費者に適した素材です。

一方、マイクロファイバーのシーツは、人工繊維でできています。

ポリエステルやナイロンなどの素材が、マイクロファイバーで作られています。

どちらも人気のある選択肢ですが、コットンとマイクロファイバーのシーツには多くの違いがあります。

スポンサーリンク

マイクロファイバー・シーツとは

マイクロファイバーシートは、非常に細い合成繊維で構成されたシートです。

この細い繊維の太さは、1デニール(直径10マイクロメートル)以下です。

つまり、マイクロファイバーと呼ばれる素材は、直径が1デニール以下であることが条件となる。

デニール数が多いほど厚みがあり、少ないほど薄いと言えます。

マイクロファイバーのシーツは、通常、繻子(しゅす)やパーケールで織られています。

図01 マイクロファイバー織りの拡大図

マイクロファイバーシートは、ポリエステルやナイロンポリマー、木材パルプなど、さまざまな素材から作られた軽量で快適なシーツです。

薄手でありながら、非常になめらかで、強度があり、耐久性に優れています。

綿や麻などの天然素材に比べ、縮みやシワが少ないのが特徴です。

また、織りの密度が高いほど耐久性が高く、洗濯の頻度も高くなります。

マイクロファイバー・シーツの長所

  • 軽量
  • 耐久性があり、特にしっかりした織りの場合
  • 洗濯機で洗える

マイクロファイバー・シーツの短所

  • 吸水性が高いので汚れやすい。
  • 静電気が発生しやすい

コットンシーツとは

コットンは、ベッドシーツに最もよく使われる素材です。

コットンシーツは、綿花から作られた通気性の良い生地で、より自然でオーガニックな選択肢となります。

そのため、環境意識の高い消費者にとっては、環境に優しい選択肢となる。

コットンにはさまざまなスタイルと種類があり、価格帯もさまざまです。

糸数の少ないコットンは粗く、傷がつきやすく、表面に小さな玉ができます。

しかし、高品質のコットンは、より高いスレッドカウントを持ちます。

エジプト綿やスーピマ綿など、より柔らかいシーツがこれにあたります。

また、コットンシーツの織り方としては、サテンやパーケールなどが一般的です。

また、綿のシーツは洗うたびにやわらかくなり、肌触りがよくなります。

さらに、湿気を吸い取り、通気性も抜群です。

コットンシーツの長所

  • ナチュラル
  • 幅広い選択肢の中から選べる
  • 通気性がよく、涼しい
  • アレルギーのある方にもおすすめ
  • 柔らかい

コットンシーツの短所

  • 比較的高価
  • 天然繊維は耐久性に欠ける

マイクロファイバーとコットンシーツの違い

定義

マイクロファイバーシートは非常に細い合成繊維でできたシートで、コットンシートは綿花から採取した繊維でできたシートです。

繊維の種類

マイクロファイバーは合成繊維、コットンシートは天然繊維でできています。

コスト

コットンシーツはマイクロファイバーシーツに比べ、比較的高価です。

フィール

マイクロファイバーのシーツが絹のような滑らかな肌触りであるのに対し、コットンのシーツは柔らかく通気性のある肌触りです。

敏感肌

コットンのシーツは、敏感肌やアレルギーをお持ちの方に最適な選択肢です。

ステイン

マイクロファイバーは吸水性が高いため、コットンシーツよりも汚れがつきやすいと言われています。

耐久性

また、天然繊維は洗濯の回数が増えると分解されてしまうため、マイクロファイバーはコットンシーツよりも耐久性に優れている傾向があります。

結論

マイクロファイバーとコットンのシーツの大きな違いは、マイクロファイバーのシーツが合成繊維で作られているのに対し、コットンのシーツは天然繊維で作られている点です。

また、マイクロファイバーはサラサラとした肌触りですが、コットンは柔らかく通気性に優れています。

タイトルとURLをコピーしました