XSSとSQLインジェクションの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


XSSとSQLインジェクションの主な違いは、XSSは悪意のあるコードをウェブサイトに注入し、したがって、そのコードがウェブサイトのユーザーに実行されるのに対し、SQLインジェクションはWebフォームの入力フィールドにSQLコードを挿入してアクセスを取得しデータを変更することである

ワールドワイドウェブでは、さまざまなカテゴリーに属するウェブサイトが公開されています。

一般に、ほとんどの企業組織はウェブサイトを維持しています。

しかし、Webサイトにはさまざまな攻撃が発生する可能性があります

そのうちの2つが、XSSとSQLインジェクションです。

スポンサーリンク

XSSとは

XSSとは、クロスサイト・スクリプティングの略です。

これは、ウェブサイトだけでなく、ウェブサイトのユーザーにも影響を与えることができる、一般的なウェブサイトの攻撃です。

攻撃者は一般的に、XSSで悪意のあるコードを書くためにJavaScriptを使用します。

このコードは、ユーザーのクッキーの詳細を盗んだり、ユーザー設定を変更したり、様々なマルウェアのダウンロードを表示したり、その他にも様々なことが可能です

SQLインジェクションとは

SQLインジェクションとは、Webサイトをハッキングする手法の1つです。

この方法は、Webページの入力を介してSQLステートメントに悪意のあるコードを配置します。

一般的に、ウェブサイトは、フォームを通じてユーザーの詳細を収集します。

攻撃者は、実際の入力値を入力する代わりに、入力フィールドにSQLステートメントを提供することができます。

こうして、このコードはウェブサイトのデータベース上で実行することができます。

同様に、ユーザーは、ユーザー名やパスワードなどの機密情報にアクセスすることができます。

したがって、ウェブサイトを開発するプログラマーは、SQLインジェクション攻撃を防ぐために注意する必要があります

XSSとSQLインジェクションの違い

定義

XSSとは、ウェブアプリケーションに見られるコンピュータセキュリティの脆弱性の一種で、攻撃者がユーザーが閲覧するウェブページにクライアント側のスクリプトを注入することができるものです

これに対し、SQLインジェクションは、データ駆動型アプリケーションを攻撃するために用いられるコードインジェクションの手法で、悪意のあるSQL文を入力フィールドに挿入して実行させるものです。

機能性

XSS は,Web サイトに悪意のあるコードを注入し,そのコードが Web サイトの利用者に実行されるものです。

一方、SQLインジェクションは、入力フィールドにSQLコードを追加し、機密情報にアクセスしたり、データベースに保存されているデータに変更を加えたりするものです。

これが、XSSとSQLインジェクションの主な違いです。

言語

また、XSSは主にJavaScriptで記述されるのに対し、SQLインジェクションはSQL(Structured Query Language)が含まれます。

この点も、XSSとSQLインジェクションの違いと言えるでしょう。

結論

XSS と SQL インジェクションは、Web サイトで発生する可能性のある 2 種類の攻撃である

XSSとSQLインジェクションの主な違いは、XSSが悪意のあるコードをウェブサイトに注入し、そのコードがウェブサイトのユーザー内で実行されるのに対し、SQLインジェクションはウェブフォームの入力フィールドにSQLコードを挿入し、アクセスを取得したりデータを変更したりすることである

タイトルとURLをコピーしました