重罪と軽犯罪の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


重罪と軽犯罪の主な違いは、重罪が重大な犯罪を指すのに対し、軽犯罪は軽微な犯罪を指すことである

法律は社会にとって不可欠な要素であり、犯罪者やその他の違反者から保護し、社会の適切な機能を保証するものです。

社会の適切な法と秩序を維持するために、法律を破ると他の人の平和と幸福に混乱を引き起こすこれらの犯罪者に施行されているいくつかの罰があります。

法の下での罰は、犯罪者が犯した犯罪に応じて変化します。

重罪と軽犯罪は、コモンローと刑法でそれに応じて別の罰を持っている2つのそのような犯罪です。

スポンサーリンク

重罪とは何か

重罪とは、刑法上の重大な犯罪を指します。

米国を含む多くの国の慣習法および世界のいくつかの管轄区域では、重罪は重大で処罰の対象となる犯罪です。

刑法上、重罪は一般的に、暴力的または非暴力的な方法で行われるmala in se犯罪または重大なタイプの犯罪として分類されます。

重罪を犯した者は「重罪人」として知られ、裁判所で重罪の有罪判決を受けると、その者は有罪判決を受けた重罪人または受刑者として知られる。

有罪判決を受けると、有罪判決を受けた重罪犯は、このように、罰として郡や地域の刑務所施設ではなく、刑務所施設に収監される。

このように、重罪は、少なくとも1年間は刑務所に収監されることになる懲罰的な犯罪です。

特に、アメリカなどの国の刑法では、重罪とは、死刑または1年を超える懲役刑に処せられる重大な犯罪と認識されている。

したがって、重罪に分類される犯罪には、殺人、殺人および殺人未遂、強姦および性的暴行、強盗、窃盗または窃盗、人身売買、武器売買、マネーロンダリング、脱税、コンピュータハッキング、麻薬取引、恐喝などがあります。

軽犯罪とは?

軽犯罪とは、刑法上の罪のうち、かなり軽いものを指します。

そのため、少額の罰金や課金、あるいは1年以下の収監期間となります。

米国を含む多くの国の慣習法では、1年間の収監で罰せられる犯罪は軽犯罪と定義されている。

さらに、管轄区域によっては、軽犯罪を違反行為よりも重いと定義しているところもあります。

軽犯罪は一般的に重罪より軽く処罰される。

したがって、軽犯罪は通常、刑務所ではなく、小さな罰金および/または刑務所で1年未満の懲役になります。

これは重罪と軽犯罪の大きな違いです。

ただし、軽犯罪の罰は金銭的なものであり、それに応じて金額が変わる。

さらに、多くの法域の一般法では、軽犯罪は犯罪の重大性に応じて、高または重軽犯罪、普通軽犯罪、軽微軽犯罪の3つのクラスに分けられている。

また、それに応じて刑罰も異なる。

その結果、いくつかの軽犯罪は、軽犯罪の悪化要因が存在するため、重罪に分類される場合があります。

例えば、暴行罪は通常、軽犯罪です。

 しかし、その暴行が凶器を用いて行われた場合、または女性、子供、警察官に対して行われた場合、その罪は「重罪の暴行」に「昇格」すると言われています。

Main Difference - Felony vs Misdemeanor

一般的な軽犯罪には、軽犯罪、窃盗、破壊行為、不法侵入、交通違反、公然わいせつ、公然酩酊などがあります。

重罪と軽犯罪の間の類似性

  • どちらも刑法・慣習法上、処罰の対象となる犯罪・行為です。

重罪と軽犯罪の違い

定義

重罪とは、より重い犯罪を指し、1年以上の投獄を含む重い刑罰が必然的に課される。

一方、軽犯罪は、比較的軽微な犯罪や犯罪を指し、刑罰は軽い。

このように、重罪と軽犯罪の根本的な違いを説明する。

インカーセレーション/禁固刑

重罪の場合、他の刑罰に加えて投獄が必須であるのに対し、軽犯罪の場合、他の刑罰があるため、投獄が発生する場合と発生しない場合があります。

この点が重罪と軽犯罪の大きな違いです。

監禁時間 期間

重罪の投獄期間は最低1年で、軽犯罪の場合は1年未満であるのに対し、それ以上延長されることがあります。

重罪の例としては、殺人、強姦、性的暴行、人身売買、麻薬売買、強盗(窃盗)などがあり、軽犯罪の例としては、暴行(軽犯罪)、破壊行為、軽窃盗、公然わいせつ、不法侵入、交通違反、公然飲酒、などがあります。

結論

刑法や慣習法では、犯罪をその重大性の度合いによって重罪と軽犯罪の2つに大別している。

重罪と軽犯罪の決定的な違いは、重罪は重大な犯罪を指し、軽犯罪は軽微な犯罪を指すということである

同様に、重罪の罰は軽犯罪の軽微な罰に比べて重い。

タイトルとURLをコピーしました