ノロウイルスとロタウイルスの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノロウイルスとロタウイルスの大きな違いは、ノロウイルスは感染力が強く、幅広い年齢層に感染しますが、ロタウイルスは子どもの間で流行することです。

さらに、ノロウイルスは丸い形のウイルスで、食中毒の原因としてよく知られていますが、ロタウイルスは車輪のような形で、激しい下痢の原因として最もよく知られているものです。

さらに、ノロウイルスは主に個人の衛生管理や感染症対策を重視することで予防することができ、ロタウイルス感染症には有効なワクチンが存在します。

簡単に説明すると、ノロウイルスとロタウイルスは腸管ウイルスの一種で、ウイルスによって引き起こされる胃腸炎や下痢症の病気の一種であるウイルス性胃腸炎を引き起こします

一般に胃腸炎は、胃や腸に炎症が起こり、激しい下痢や嘔吐、腹痛などを起こすタイプです。

主な対象分野

  1. ノロウイルスとは
         – 定義、構造、感染症
  2. ロタウイルスとは
         – 定義、構造、感染症
  3. ノロウイルスとロタウイルスの類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. ノロウイルスとロタウイルスの違いについて
         – 主な違いの比較

Key Terms

下痢症、腸管ウイルス、ノロウイルス(NoV)、ロタウイルス(RV)、ウイルス性胃腸炎

スポンサーリンク

ノロウイルスとは


ノロウイルス(NoV)は腸管ウイルスの一種で、成人の胃腸炎の原因として最も一般的なものです

一般に、このウイルスのゲノムは、一本鎖のポジティブセンスRNAです。

ただし、ノロウイルス属には、ノロウォークウイルス*という1つのウイルス種しか存在しない。

さらに、ノロウイルスは、成人の下痢症の原因となります。

また、ノロウイルスに感染すると、下痢、嘔吐、腹痛などが主な症状として現れる。

そのため、ノロウイルスは「冬の嘔吐の虫」とも呼ばれています。

ただし、感染後12時間から48時間後に症状が出ることもあります。

しかし、1日か2日で回復することもあります。

合併症として、脱水症状を起こすことがあります。

ロタウイルスとは


ロタウイルス(RV)も腸管ウイルスの一種であり、乳幼児の下痢症の原因として最も一般的なものです

しかし、ノロウイルスとは異なり、二本鎖のDNAウイルスを含んでいます。

また、レオウイルス科に属している。

図2:ロタウイルス

ロタウイルスの感染経路は、糞口感染です。

また、小腸の粘膜を傷つけ、胃腸炎を引き起こす。

一般に、乳幼児の重症下痢症による入院の約3分の1は、このロタウイルスが原因だといわれています。

しかし、公衆衛生キャンペーンにより、感染した子どもには経口補水療法によるロタウイルスの予防接種が行われます。

そして、子どもたちは初感染後に免疫を獲得するため、その後の感染症は重症化しにくいと言われています。

ノロウイルスとロタウイルスの類似性

  • ノロウイルスとロタウイルスは、ウイルス性胃腸炎を引き起こす腸管ウイルスの一種です。
  • ここで、ウイルス性胃腸炎とは、ウイルスによって引き起こされる下痢症の一種です。
  • 感染速度が速く、糞口感染で広がります。
  • 両者に共通する症状としては、激しい下痢、嘔吐、腹痛などがあります。

ノロウイルスとロタウイルスの違い

定義

ノロウイルスとは、ノーウォーク・ウイルスやその他の近縁種を含む、様々な一本鎖 RNA ウイルスを指します。

しかし、ロタウイルスは、二本鎖 DNA ウイルスのグループのいずれかを指し、その一部は、ヒトに急性腸炎を引き起こします。

分類

ノロウイルスはカリシウイルス科に属し、ロタウイルスはレオウイルス科に属します。

形状

ノロウイルスは丸い形をしていますが、ロタウイルスは車輪のような形をしています。

ウイルスゲノム

ノロウイルスは一本鎖のポジティブセンスRNAウイルスであるが、ロタウイルスは二本鎖のDNAウイルスです。

感染者の年齢

ノロウイルスは幅広い年齢層が感染しますが、ロタウイルスは主に幼児に感染します。

重要度

ノロウイルスは先進国の成人の急性下痢症の最も一般的な原因であり、ロタウイルスは小児の重症下痢症の最も一般的な原因です。

発生状況

ノロウイルスは1年中発生するが、ロタウイルスは涼しい時期(10月~4月)に発生する。

感染期間

ノロウイルスの感染期間は2日半ですが、ロタウイルスの感染期間は3~8日です。

症状

ノロウイルスの症状は、吐き気、嘔吐、水様性下痢、腹痛、発熱、体の痛みなどです。

一方、ロタウイルスの症状は、嘔吐、水様性下痢、発熱、腹痛、脱水などです。

症状の程度

ノロウイルスでは発熱や下痢の程度は比較的低いが、ロタウイルスでは高く、嘔吐を繰り返しながら経過することがあります。

深刻度

ノロウイルスは比較的重症化しにくいが、ロタウイルスによる重度の脱水は小児の生命を脅かすことがあります。

防止策

ノロウイルスは、主に個人の衛生管理と感染予防に重点を置いて予防することができます。

一方、ロタウイルスの感染予防には、有効なワクチンがあります。

イミュニティ


ノロウイルスは繰り返し感染する可能性がありますが、ロタウイルスに感染した子どもは、生涯にわたって免疫を獲得しています

結論


ノロウイルスは腸管ウイルスの一種で、特に成人が下痢をする病気です

そのため、重症化しにくく、症状も比較的短時間で終わります。

また、個人の衛生状態が良好であることが主な予防法です。

一方、ロタウイルスは、腸管ウイルスの一種で、小児に下痢症を引き起こします

しかし、より重い症状が出るため、命にかかわる病気となります。

また、症状が比較的長く続くのも特徴です。

そのため、ノロウイルスとロタウイルスの大きな違いは、感染しやすい年齢と予防法です。

タイトルとURLをコピーしました