ランディングページとウェブサイトの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ランディングページとウェブサイトの主な違いは、ウェブサイトが関連するウェブページのコレクションであるのに対し、ランディングページは特定のタスクのために設計されたウェブページであるということです。

ほとんどの組織は、顧客と対話し、その利益を増加させるためにウェブサイトを維持します。


異なるカテゴリに属しているワールドワイドウェブ上で利用可能な様々なウェブサイトがあります

eコマース、教育、政府、ソーシャルメディア、その他多くのWebサイトがあります。

各ウェブサイトは、ウェブページ、画像、その他のメディアファイルから構成されています。

ランディングページは、マーケティングや販売キャンペーンを実行するなど、特定の1つのアクションに焦点を当てた別のWebページです。

スポンサーリンク

ランディングページとは

ランディングページとは、ウェブページの一形態です。

これらのページは、他のページとは異なります。

ランディングページは、特定の目的のために設計されています。

ランディングページの主な目的は、特定のマーケティングキャンペーンの目標に向けてトラフィックを誘導することです。

それは、サインアップページ、情報収集ページまたは製品販売ページであることができます。

これらのページには、他のオプションはありません。

  単にユーザーに1つのアクションを実行させるだけです。

もし、ウェブデザイナーが、ユーザーを気晴らしや他のオプションなしに、ひとつのタスクに集中させたいのであれば、ランディングページを作成するのがベストな選択でしょう。

例えば、ユーザーがサインアッププロセスに100%集中することを望むなら、それはランディングページであるべきです。

さらに、コンテンツのダウンロードや、クーポン、製品の無料トライアルなどのマーケティングオファーを交換するためのランディングページをデザインすることもできます。

全体として、ランディングページは、視聴者をターゲットにし、サービスを提供し、彼らの情報を取得するのに役立つ。

ウェブサイトとは

ウェブサイトは、関連するウェブページの集合体です。

ハイパーリンクは、ウェブページ同士をつなげるのに役立ちます。

Webサイトには、概要ページ、お問い合わせページ、ログインページ、ユーザー登録ページなどがあります。

教育関係のウェブサイトにはチュートリアルやビデオなどがあり、オンラインストアにはさまざまな商品に関するウェブページがあります。

さらに、それぞれのウェブサイトには、それを識別するためのドメイン名があります。

ウェブサイトのフロントエンドを構築するための主な言語は、HTML、CSS、JavaScriptです。

HTMLは、ウェブサイトの構造を開発するのに役立ちます。

CSSは、背景色の追加、文字色の変更など、スタイルを追加するのに役立ちます。

JavaScriptは、ウェブサイトをよりインタラクティブにするのに役立ちます。

さらに、開発者はJavaScriptを使用して、アニメーションやフォームの検証など、ウェブサイトをよりダイナミックにすることができます。

バックエンドを開発するための最も一般的な言語は、PHP、Python、Javaです。

これらの言語は、ユーザーから詳細を取得し、データベースに格納するのに役立ちます。

ランディングページとウェブサイトの違い

定義

ランディングとは、検索エンジンで最適化された検索結果やオンライン広告をクリックした際に表示される1つのウェブページのことです。

ウェブサイトは、マルチメディアコンテンツを含む、ドメイン名で識別可能なウェブページの集合体である

したがって、これがランディングページとウェブサイトの主な違いです。

ページ数

ページ数もランディングページとWebサイトの違いのひとつです。

ランディングページは主に1ページであるのに対し、ウェブサイトは複数のウェブページがあります。

情報

また、ランディングページには特定の情報があるのに対し、Webサイトにはお客様が知りたい情報がすべて掲載されています。

機能性

さらに、ランディングページとWebサイトのもう一つの違いは、ランディングページが単一の機能をカバーするのに対し、Webサイトは複数の機能をカバーすることです。

ナビゲーション

また、ランディングページのナビゲーションは限られていますが、Webサイトには多くのナビゲーションリンクがあります。

この点もランディングページとWebサイトの違いと言えます。

結論

Web制作は、情報技術産業の中でも主要な分野です。

Webデザイナーは、Webサイトを設計するために様々な側面を考慮します。

これらの領域には、要件、使用する技術、ユーザーインターフェイス、その他多くのものが含まれます。

ランディングページは、Webサイト内のWebページの一種です

ランディングページとウェブサイトの違いは、ウェブサイトが関連するウェブページの集合体であるのに対し、ランディングページは特定のタスクのために設計されたウェブページであるということです。

タイトルとURLをコピーしました