リジンとLリジンの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


リジンとLリジンの主な違いは、リジンがヒトの必須アミノ酸の1つであるのに対し、Lリジンはリジンのラセミ混合物に含まれる2つの異性体のうちの1つであることです。

さらに、リジンはα-アミノ酸であるのに対し、L-リジンのα-炭素はS配置です。

リジンとL-リジンは、ヒトのタンパク質合成における必須アミノ酸の2つの形態です。

リジンにはL-リジンとD-リジンの2種類のエナンチオマーがあり、L-リジンが生物学的に活性なリジンとされています。

スポンサーリンク

リジンとは

リジンは、ヒトの必須アミノ酸のひとつで、通常の代謝過程では体内で合成することができません。

そのため、食事で摂取する必要があります

一般に、肉、魚、乳製品、卵にリジンが含まれています。

また、大豆や豆類などの植物にもリジンが含まれています。

図1:L-リジン

さらに、リジンはサプリメントとして口から摂取することもできます。

リジンのサプリメントは、運動能力を向上させることが期待されています。

また、精神疾患の一つである統合失調症の症状を抑えるために使用されます。

また、精神疾患である統合失調症の症状改善にも使用されています。

リジンを直接肌に塗ることで、単純ヘルペスというウイルスが原因で起こる冷え症を予防することができます。

Lリジンとは

L-リジンは、ヒトの必須アミノ酸であるリジンの2種類のアイソフォームのうちの1つです。

リジンには、L-リジンとD-リジンの2種類のエナンチオマーがあります。

L-リジンとD-リジンの主な違いは、L-リジンがα炭素の周りにS配位を持つのに対し、D-リジンはR配位を持つことである

したがって、L-リジンはレボロタチオンであり、D-リジンはデキストロタチオンです。

ここで、デクストローテーションとは平面偏光した光を時計回りに回転させることであり、レボローテーションとは反時計回りに回転させることである

What is the Difference Between Lysine and L Lysine:図2 L-リジンの生合成経路

L-リジンは、リジンの中でも生物学的に活性な物質です。

そのため、すべての食品にL-リジンが含まれている。

しかし、D-リジンは化学反応によって合成することができますが、体内への摂取は無意味です。

リジンとLリジンの類似性

  • リジンとLリジンは、ヒトのタンパク質合成に必要な必須アミノ酸の一種です。
  • どちらもα炭素を含んでいます。
  • また、側鎖はリシル基((CH2)4NH2)残基です。

リジンとLリジンの違い

定義

リジンはほとんどのタンパク質を構成する塩基性アミノ酸で、脊椎動物の必須栄養素であり、L-リジンはリジンの生物学的活性型を指す。

これがリジンとL-リジンの根本的な違いです。

構造的な重要性

また、リジンはα-アミノ酸であるが、L-リジンはα-炭素がS配置の2種類のリジンのアイソフォームのうちの1つです。

重要性

さらに、リジンはヒトの必須アミノ酸であるのに対し、L-リジンは代謝の過程で使用されるアイソフォームです。

したがって、この点もリジンとLリジンの違いです。

結論

リジンは、ヒトの必須アミノ酸のひとつです。

人体で合成することができないため、食事から摂取する必要があります


リジンはα-アミノ酸の一種で、L-リジンとD-リジンという2種類のエナンチオマーから構成されています

L-リジンはα-炭素がS配位です。

また、リジンの生物学的活性型です。

したがって、リジンとL-リジンの主な違いは、その構造と重要性です。

タイトルとURLをコピーしました