ColeoptileとColeorhizaの違いは何ですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


茎葉部と根部の主な違いは、単子葉植物では茎葉部が新芽を覆う尖った保護鞘であるのに対し、単子葉植物では茎葉部と原根をつなぐ鞘状の構造で根粒を保護することである

また、被子植物は土の中から出てきて緑色になるが、茎葉は土の中にとどまっている。

このように、単子葉植物の種子から発生する鞘(さや)は2種類ある。

また、発芽前の種子の内部で発生する。

主な対象分野

  1. 集合体とは
         – 定義、構造、機能
  2. 葉状茎とは
         – 定義、構造、機能
  3. ColeoptileとColeorhizaの類似点とは?
         – 共通点の概要
  4. ColeoptileとColeorhizaの違いとは?
         – 主な違いの比較

Key Terms

単子葉植物、単子葉植物種子、プルンプルン、保護鞘、放射状突起

スポンサーリンク

コレオプティックとは

単子葉植物の種子の保護鞘で、小葉や茎の先端を取り囲んでいる。

また、プルームと一緒にあるところまで成長する。

その中にある旗葉は、クリオプタイルの上部を突き破って成長を続ける。

さらに、茎葉には左右に2本の維管束があります。

葉緑素はあまり発達しないので、色は淡い。

また、アントシアニン色素を含むものもあり、これは紫色をしている。

コレオリザとは

単子葉植物の種子の中にある鞘のような構造。

一般に、根粒を取り囲んでいる。

また、根粒と原根を繋ぐ。

Coleoptile vs Coleorhiza: 図2: 葉状茎と葉状茎

しかし、被子植物体同様、あまり長くは伸びない。

そのため、種子から出たばかりで成長が止まっている。

しかも、土の中に入ったまま出てこない。

ColeoptileとColeorhizaの類似点

  • 単子葉植物の発芽した種子において、シュートと根を覆う2つの鞘が、典型的なコールオプタイルとコールヒザです。
  • また、両者は種子内部にも存在する。

ColeoptileとColeorhizaの違い

定義

草や穀物の若い芽の先端を保護する鞘をcoleoptileといい、発芽した草や穀物の根を保護する鞘をcoleorhizaという。

この2つの大きな違いを説明する。

シースの種類

また、coleoptileが保護鞘であるのに対して、coleorhizaは未分化鞘です。

カバーリング

さらに、coleoptileはplumuleを、coleorhizaはradicleとroot capを覆っている。

成長の種類

穎果は種皮を破って伸長し、穎果は種皮を破って伸長するが、それ以上の成長は止まらざるを得ない。

したがって、この点もcoleoptileとcoleorhizaの重要な違いです。

意義

また、土の中から出てきて緑色になるのはcoleoptile、土の中に残るのはcoleorhizaです。

結論

基本的には、単子葉植物の種子から発生し、子房を包む保護鞘です。

また、シュートとともにある地点まで連続的に成長し、緑色に変化する。

一方、被子植物は単子葉植物の種子から発生する未分化な鞘状の構造物で、根粒と根冠を覆っている。

しかし、根とともに連続的に成長することはない。

したがって、被子植物と根粒菌の主な違いは、その発生と生育の形態にある。

タイトルとURLをコピーしました