エチルアルコールとエタノールの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

主な違い – エチルアルコールとエタノールの違い

アルコールは、アルキル基に1つ以上の水酸基が結合した有機化合物です。

これらのアルコール化合物は、識別に有用な特徴的な性質を持っています。

エチルアルコールまたはエタノールは、一般的なアルコール化合物の1つです。

多くの種類の飲料に含まれているため、飲用アルコールとしても知られています。

エチルアルコールとエタノールという用語は、同じ化学化合物を表します。

エチルアルコールとエタノールの主な違いは、エチルアルコールが一般名であるのに対し、エタノールは同じ化合物に付けられたIUPAC名であることです。

エチルアルコール、エタノールとは?

エチルアルコールは、化学式C2H5OHで表されるエタノールの通称です。

エチル基に水酸基(-OH)が結合している。

この化合物は揮発性が高く、可燃性です。

常温常圧では無色の液体で、特有の臭いがあります。

Main Difference - Ethyl Alcohol vs Ethanol :図1 エチルアルコールの化学構造

エチルアルコールの化学式はC2H6Oです。

モル質量は約46g/molです。

エチルアルコール分子は、-OH基を持つため、強い水素結合を形成することができる。

そのため、エチルアルコール溶液は粘度が高く、揮発しにくい。

エチルアルコールは極性化合物の良溶媒です。

エチルアルコールは、化学的な方法だけでなく、生物学的な方法によっても製造することができる。


工業的に必要なエチルアルコールは、エチレン水添法が最も一般的な製造方法である

生物学的製法では、発酵によりエチルアルコールを製造する。

図2:エタノール発酵の様子

エチルアルコールはさまざまな反応を起こすことができる。

例えば、エステル生成、ポリマー生成などでは、エチルアルコールが反応物として必要です

エチルアルコールの化学反応としては、脱水、ハロゲン化、燃焼、酸化などが代表的なものです。

エチルアルコールには多くの用途があります。

アルコール飲料を製造する際の主成分として使用されます。

エチルアルコールは、塗料などの溶剤として広く使用されています。

それとは別に、エチルアルコールは燃料にもなります。

発酵プロセスから得られるバイオ燃料として知られています。

エチルアルコールは、エタノールやエタン酸など、他の化学物質の製造にも有用です。

エチルアルコールとエタノールの違い

エチルアルコールのこと。

エチルアルコールは、化学式C2H5OHで表されるエタノールの通称です。

エタノール エチルアルコールに付けられたIUPAC名。

結論

エチルアルコールとエタノールは、同じ化合物の名称として使われる2つの用語です。

エチルアルコールとエタノールの唯一の違いは、エチルアルコールが化合物C2H5OHの一般名であるのに対し、エタノールはエチルアルコールのIUPAC名である点です。

エタノールは、工業規模でも実験室規模でも多くの用途があります。

タイトルとURLをコピーしました