SSLとTLSの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


SSLとTLSの主な違いは、SSLがコンピュータネットワークの通信セキュリティを提供するプロトコルであるのに対し、TSLプロトコルはSSLプロトコルを進化させたもので、プライバシーとセキュリティの追加機能で構成されていることである

SSLは、ネットワークを通じて情報を安全に送信するために使用されるプロトコルです。

ウェブサイトでは、ユーザーアカウントのページやオンラインチェックアウトの安全性を確保するためにSSLを使用しています。

これは、第三者が送信データにアクセスするのを避けるためにデータを暗号化します。

一方、TLSプロトコルは、SSLの後継プロトコルです。

このプロトコルは、データのプライバシー、完全性、保護を提供します。

盗聴や改ざんに邪魔されることなく、ネットワーク越しの通信を可能にします

簡単に言うと、TLSはSSLよりも安全で効率的です。

スポンサーリンク

SSLとは

SSLは、Netscape Communications社が開発したプロトコルです。


ウェブブラウザとウェブサーバが安全に通信することを可能にします

これは最も一般的なウェブセキュリティの仕組みの一つです。

このプロトコルはアプリケーション層とトランスポート層の間で動作します。

従って、SSL 層は TCP/IP プロトコルの追加層と考えることができます。

まず、アプリケーション層のデータは SSL 層に渡されます。

SSL層は受け取ったデータに対して暗号化を行います。

さらに、データに例外情報ヘッダを追加します。

この追加された新しいヘッダをSSLヘッダと呼びます。

そして、SSL層のデータはトランスポート層に渡されます。

トランスポート層は自身のヘッダを追加し、次の層であるインターネット層に渡します。

最後に、データは物理層で宛先に送信されます。

宛先では、データは物理層、ネットワーク層、トランスポート層を通過します。

SSL層では、暗号化されたデータは復号化されます。

最後に、元のデータが宛先のコンピュータのアプリケーション層に送信されます。

TLSとは

TLSは、安全な通信を確保するために使用されるプロトコルです。

Webブラウジング、電子メール、VoIP(Voice over IP)などで使用されます。

 主に、2つ以上の通信当事者間でプライバシーとデータの整合性を提供します。

TLSを使用する場合、データの暗号化に対称暗号を使用するため、クライアントとサーバーの間の接続は安全です。

  通信相手を認証するために公開鍵暗号方式が使用されます。

さらに、各メッセージは、メッセージ認証コードを使用して、メッセージの完全性チェックを通過します。

これにより、通信中のデータの未検出による損失や変更を防ぐことができます。

そのため、より信頼性の高い接続が可能となります

さらに、TSLは前方秘匿性などの性質に関連する追加のプライバシーを提供する。

これは、将来のTLSレコードを復号するために過去の暗号化キーを使用することを避けるのに役立つ。

TSLは、鍵の交換、データの暗号化、メッセージの完全性の認証のためのメソッドも提供する。

TLSには、TLSハンドシェイクプロトコルとTLSレコードプロトコルと呼ばれる2つのサブプロトコルがあります。

TLSハンドシェイクプロトコルでは、クライアントとサーバーが互いを認証し、データを送信する前に暗号化アルゴリズムを選択することができます。

TLSレコードプロトコルは、接続を安全かつ信頼性の高いものにするのに役立ちます。

SSLとTLSの違い

定義

SSLは、Webサーバーとブラウザーの間に暗号化されたリンクを確立するための標準的なセキュリティプロトコルです。

  TLSは、インターネット上で通信するクライアント/サーバーアプリケーション間の通信セキュリティを提供するプロトコルです。

はじめに

SSL は 1994 年に Netscape Communications によって導入され、TLS は 1999 年に Internet Engineering Task Force (IETF) によって導入された。

ロングフォーム

Secure Socket Layer は SSL のロングフォーム、Transport Layer Security は TSL のロングフォームです。

複雑さ

TLSはSSLよりも複雑なプロトコルです。

メッセージ認証コードや鍵材料の生成などを使います。

これがSSLとTLSの大きな違いの一つです。

セキュリティ

また、TLSにセキュリティ機能が追加されていることも、SSLとTLSの重要な違いの1つです。

TLSはSSLよりも安全性が高いです。

結論

SSLとTLSは、安全な通信のために使用される2つのプロトコルです。

どちらも暗号化されたプロトコルです。

SSLとTLSの違いは、SSLがコンピュータネットワークの通信セキュリティを提供するプロトコルであるのに対し、TSLプロトコルはSSLプロトコルを進化させ、プライバシーとセキュリティの追加機能で構成されていることである

タイトルとURLをコピーしました