ノンディスジャンクション変異とトランスロケーション変異の違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


非分裂型と転座型の違いは、非分裂型は細胞分裂の際に相同染色体または姉妹染色体が正しく分離しないことであり、転座型は相同性のない2つの染色体の間でDNAの一部が交換されることである

 また、非分裂は娘細胞内の染色体数に異常をもたらし、転座は染色体の再配列をもたらす。

非分裂と転座は、染色体の構造や数に変化をもたらす2つのタイプの染色体異常です。

主な対象分野

  1. 非連続型接合とは
         – 定義、種類、効果
  2. トランスロケーションとは
         – 定義、種類、効果
  3. 非分裂型変異と転座型変異の類似点とは?
         – 共通する特徴の概要
  4. 非接合型変異と転座型変異の違いとは?
         – 主な違いの比較

この記事の重要な単語

異数性、染色体突然変異、非分裂、非相互転座、相反転座

スポンサーリンク

ノンディスジャンクションとは何か

ノンディスジャンクションとは、染色体異常の一種で、細胞分裂の際に、相同染色体や姉妹染色体が互いに分離しないために起こるものです

そのため、娘細胞において染色体数の異常が生じる。

一般に、非分裂には3つのタイプがあります。

  • 減数第一分裂の際に、相同染色体が互いに分離しないこと。
  • 減数第一分裂では、相同染色体同士が離れず、第二分裂では、姉妹染色体同士が離れず、不分離となる。
  • そして、有糸分裂の過程では、姉妹染色分体が互いに分離できないために、3つ目のタイプの非分裂が起こる。

ここで、最初の2つのタイプの非分裂は配偶子での染色体数の異常、3番目の非分裂は体細胞での染色体数の異常となる。

What is the Difference Between Nondisjunction and Translocation Mutations:図1 減数分裂における不分離性

さらに、異数性とは、細胞内に異常な数の染色体が存在することを指します。

異数性とは、細胞内の染色体数に異常があることを指し、異数性によってさまざまな病態が引き起こされます。

ヒトの異数性には、主にモノソミーとトリソミーの2種類があります。

モノソミーは、細胞内の染色体が1本もない状態です。

性染色体のモノソミーはターナー症候群(女性のX染色体のモノソミー)を引き起こします。

これは生命に適合した唯一のタイプのモノソミーです。

トリソミーは、特定の染色体のコピーが3つ存在することです。

ヒトでは、21番、18番、13番の染色体によく起こります。


最も一般的な生存可能なトリソミーは、21番染色体のトリソミーまたはダウン症です

また、13番染色体のトリソミーはパタウ症候群となります。

また、18番染色体のトリソミーはエドワーズ症候群になります。

一方、性染色体のトリソミーは、クラインフェルター症候群(男性:XXY)、トリプルX症候群(女性:XXX)の2つがあります。

転座とは

転座とは、非相同染色体間でDNAの一部が交換されることによって起こる染色体異常の一種です

そして、その結果、染色体の転座が起こります。

転座により、両者の染色体のサイズや動原体の位置が大きく変化します。

転座には大きく分けて、相互転座と非相互転座の2種類があります。

相互転座では、2本の非相同染色体の間で2本のDNAセグメントの交換が行われます。

一方、非相同転座は、ある染色体の一部が切り離され、もう一方の染色体に移動します。

転座の中には、染色体全体の機能が失われたり、獲得されたりするのと同じような症状を引き起こすものがあります。

 例えば、21番染色体が余分に存在するとダウン症になりますが、21番染色体の大部分を転座させるとダウン症にもなります。

さらに、転座は白血病や不妊症など、いくつかの形態の癌を引き起こします。

ノンディスジャンクション変異と転座変異の類似性

  • 非分裂型と転座型は、染色体に異常をもたらす突然変異の2つのタイプです。
  • 非分裂型と転座型は、染色体に異常をもたらす2つのタイプの変異で、その変化は非常に大きいため、このタイプの変異の影響は非常に大きく、致死的な場合もあります。

ノンディスジャンクション変異とトランスロケーション変異の違いについて

定義

非分裂とは、核分裂の際に1対の相同染色体または姉妹染色体が正常に分離しないことをいい、通常、娘核の染色体分布に異常が生じます。

しかし、転座とは、染色体の一部がある位置から別の位置に移動することを意味します

この移動は、同じ染色体内でも別の染色体へ移動することもあります。

これが、非分裂性突然変異と転座性突然変異の主な相違点です。

変更の種類

また、非分裂型と転座型では、どのような変化をもたらすかが大きな違いとなります。

非分裂型は染色体の数に変化をもたらし、転座型は染色体の構造に変化をもたらします。

原因

また、細胞分裂の際に、相同染色体や姉妹染色体が正しく分離されないと非分裂となり、相同染色体以外の染色体間でDNAが交換されると転座となる。

従って、非分裂型と転座型の違いは、この点にもあります。

効果

非分裂性突然変異と転座性突然変異のもう一つの大きな違いは、その効果です。

非分裂型は異数性、転座型は癌、不妊症、ダウン症になる。

結論

不分離とは、細胞分裂の際に、相同染色体または姉妹染色体が正しく分離しないことである

その結果、娘細胞内の染色体数が異常になる。

一方、転座は、非相同染色体の間で染色体の一部が交換されることです。

その結果、染色体のサイズや動原体の位置が変化します。

非分裂型と転座型の変異は、いずれもゲノムにかなりの変化をもたらします。

したがって、非分裂型変異と転座型変異の主な違いは、染色体にどのような変化をもたらすかです。

タイトルとURLをコピーしました