シナモンとメイトの違いとは?分かりやすく解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


CinnamonとMateの主な違いは、CinnamonはGNOME 3から派生したX Window System用のフリーでオープンソースのデスクトップ環境であり、MateはLinuxとほとんどのBSD Unixシステムで動作するフリーでオープンソースのソフトウェアからなるデスクトップ環境であることです。

デスクトップ環境は、デスクトップメタファーを実装したものです。

オペレーティングシステム上で動作するプログラムで構成されています。

さらに、共通のグラフィカルユーザーインターフェースを共有します。

したがって、CinnamonとMateは、そのようなデスクトップ環境です。

シナモンとは

Cinnamonは、Linux Mintディストリビューションの主要なデスクトップ環境です。


他の Linux ディストリビューションや UNIX に類似した他のオペレー ティングシステムのオプションデスクトップとしても利用可能です

さらに、Cinnamon は Linux Mint 12 リポジトリで利用可能です

さらに、Ubuntu、Fedora、Arch Linux、Debian、FreeBSDなどでも利用可能です

Cinnamonには、アニメーション、トランジション、透明効果など、様々な機能が搭載されています。

パネルは一般的に、メインメニュー、ランチャー、ウィンドウリストなどで構成されています。

また、システムトレイは、画面の左端、右端、上端、下端に調整可能です

設定エディタは、簡単なカスタマイズを提供することが可能です

パネル、テーマ、アプレット、デスクトップエフェクト、カレンダーなどをカスタマイズすることができます。

また、アプレットやさまざまな拡張機能があります。

アプレットはパネルに表示されるアイコンやテキストです。

拡張機能は、Cinnamonの機能を変更することもできます。

さらに、開発者はテーマ、アプレット、拡張機能をCinnamonのウェブページにアップロードし、ユーザーがダウンロードして評価できるようにすることができます。

スポンサーリンク

メイトとは

Mate はフリーでオープンソースのデスクトップ環境であり、Linux とほとんどの BSD Unix 派生版で動作します。

MATEには、当初GNOME Coreアプリケーションとして作成されたいくつかのアプリケーションがあります。

さらに、開発者はいくつかのアプリケーションをゼロから書きました。

Cinnamon vs Mate

一般的に、Mateのアプリケーションには、ファイルマネージャ、テキストエディタ、ドキュメントビューア、アーカイブマネージャ、ターミナルエミュレータ、ウィンドウマネージャ、メニューアイテムエディタ、などがあります。

さらに、MateはGTE+3アプリケーションフレームワークを完全にサポートしています。

シナモンとメイトの違い

定義

CinnamonはGNOME 3から派生したX Window System用のフリーでオープンソースのデスクトップ環境であり、MateはLinuxやほとんどのBSD Unix派生系で動作するフリーでオープンソースのソフトウェアで構成されたデスクトップ環境です。

したがって、これがCinnamonとMateの主な違いです。

開発者

Linux Mint Team は Cinnamon の開発者であり、Stefano Karapetsas は Mate の開発者です。

言語

さらに、CinnamonとMateの重要な違いは、CinnamonがC、JavaScript、Pythonで書かれているのに対して、MateはC、C++、Pythonで書かれている点です。

オペレーティングシステム

さらに、CinnamonがX OSを搭載したUnixライク向けであるのに対し、MateはX11(X Window System)を搭載したUnixライク向けとなっています。

ライセンス

また、CinnamonのライセンスはGPL v2ですが、MateのライセンスはGNU LGPL v2, GNU v2となっており、この点もCinnamonとMateの違いと言えます。

結論

簡単に説明すると、CinnamonとMateは2つのデスクトップ環境です。

CinnamonとMateの主な違いは、CinnamonはGNOME 3から派生したX Window System用のフリー&オープンソースのデスクトップ環境であり、MateはLinuxやほとんどのBSD Unixシステムで動作するフリー&オープンソースのソフトウェアからなるデスクトップ環境である点です。

タイトルとURLをコピーしました