アクロペタルとベイシペタルの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


アクロペタルとバシペタルの主な違いは、アクロペタルが基部から頂部に向かって順に発生、成熟、開花するのに対し、バシペタルは頂部から基部に向かって順に発生、成熟、開花することである

アクロペタルとバシペタルは、花序の中の小花の配列の違いを表す言葉です。

アクロペタルは古い部分が下にあり、バシペタルは古い部分が上にある配列です。

主な対象分野

  1. 頭頂配置とは
         – 定義、構造、重要性
  2. 基部配列とは
         – 定義、構造、重要性
  3. 先端配置と後端配置の共通点
         – 共通点の概要
  4. 先端配置と後端配置の違いとは?
         – 主な違いの比較

Key Terms

先端部、基端部、頭頂部、花形、花序、レースモーズ

スポンサーリンク

先端部アレンジメントとは

花序の小花が基部から頂部に向かって展開すること。

従って、上向きに展開することになる。

また、主茎の先端部である台木が連続的に伸長するため、不定形成長とみなされることもあります。

また、最初の小花は台木の基部で開き、台木の先端はまだ成長中です。

従って、先端配置の花の形成は不定形です。

Acropetal vs Basipetal: 図1: ダイオウグソクムシにおける先熟の様子

さらに、先端花序は総状花序の一種であり、不定形花序である

また、先端部展開における台木の成長は単脚性です。

つまり、台木の上方への伸びは1点から始まる。

さらに、この配列の花の形成は求心的で、若い小花は中心に向かって発生し、古い小花は外側に向かって発生することを意味する。

したがって、果実の形成も基部から始まる。

バシペタルアレンジメントとは?

基部配列とは、花序の小花が頂点から基部に向かって展開するもう一つのタイプのことです。

したがって、下向きに展開するタイプです。

この場合、最初の小花は台木の頂点で開き、さらに基部に向かって小花が発達する。

つまり、最初に小花を形成することで、台木の成長が制限される。

従って、これは確定的な成長の一種であり、基部配置は確定的な成長をする台木を持つ

そのため、花序の小花の形成も確定的なものとなる。

さらに、頭状花序は輪生花序の一種である

また、台木は同系統か異系統のどちらかです。

つまり、主脚を形成する頂端分裂組織のほかに、他の側枝分裂組織が活性化し、いくつかの副脚が形成される。

これは、頂端に最初の小花が形成されることによって、頂端分裂組織が終了するために起こる。

しかし、基部分裂は遠心的な小花の発生を示す。

したがって、若い小花は古い小花、時には新しく形成された果実を取り囲むように周辺部に発生する。

先端部と後端部の配置の類似性

  • 先端部と基部は、異なるタイプの花序に見られる花弁の並び方です。
  • 両者は、花序の主幹である台木の基部と頂部を基準にして、その発達を説明する。
  • また、どちらも他花受粉を促進する。

先端部と後端部の配置の違いについて

定義

基部から頂部に向かって発達・成熟していくことを「頭位」、頂部から基部に向かって発達・成熟していくことを「底位」という。

開発の方向性

頭側部は基部または付着点から上方へ、頭側部は基部または付着点へ向かって下方へ発達する。

 これが頭側配置と頭側配置の大きな違いです。

アレンジメントにおける旧パーツの出現について

もう一つの違いは、先頭位と後頭位では、先頭位は古い部品が下に、後頭位は古い部品が上に来ることである

花序の種類

また、頭状花序は総状花序の変形であり、頭状花序は集散花序の変形です。

したがって、これも頭状花序と頭状花序の違いです。

花序の成長の種類

また、花序の成長は、頭状花序では不定形であり、頭状花序では確定的です。

台座の成長

頭側配置の場合、台木の成長は不定であり、頭側配置の場合、台木の成長は定かです。

台座の分岐

さらに、台木の成長は、先端配置では単脚性であるが、基端配置では同脚性または多脚性です。

ペダンクルの終点

さらに、頭状花序では台木の末端は小花をつけないが、頭状花序では台木の末端は小花をつける。

第一花托

このほか、頭状花序では台木の基部に、頭状花序では台木の上部に第1小花が発生する。

小花の形成

重要なことは、小花の形成が頭頂配置では不定であるのに対して、頭頂配置では小花の形成が確定的であることである

花托の配列

もう一つの違いは、先端配列では花弁の配列が求心的であるのに対し、基端配列では花弁の配列が遠心的であることである

花弁の開き具合

小花の開き方は、頭状花序は短い間隔で開き、頭状花序は長い間隔で開く。

フローレットのグループ化

頭状花序はあまり見られず、頭状花序はよく見られる。

果実の形成

また、果実は先端配置では基部に形成され、先端配置では上部に形成される。

果物の保護

頭状花序の果実は新生小胞子で保護されないが、頭状花序の果実は新生小胞子が基部で保護される。

結論

先端配置とは、小花が基部から台木の先端に向かって展開することである

したがって、古い小花は台木の基部に、芽は台木の頂部に発生する。

また、先端配置の場合、最初の小花は基部で開き、果実は基部で最初に形成される。

一方、基部配置では、小花は頂点から台木の基部に向かって展開する。

そのため、古い小花は常に上部に発生し、芽は基部に向かって発生する。

また、基部配置では、最初の小花は、最初に形成される果実と同様に、台木の末端から開く。

したがって、先端部と基部部の主な違いは、各花序における花托の展開方向です。

タイトルとURLをコピーしました