ダイアディック・コミュニケーションとグループ・コミュニケーションの違いとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイアドコミュニケーションとグループコミュニケーションの大きな違いは、ダイアドコミュニケーションは2人の間で行われるのに対し、グループコミュニケーションは3人以上の間で行われることです。

コミュニケーションには大きく分けて、対人コミュニケーション、ダイアドコミュニケーション、グループコミュニケーション、パブリックコミュニケーション、マスコミュニケーションの5種類があります。

ダイアドコミュニケーションもグループコミュニケーションも、比較的少人数で行われるものです。

スポンサーリンク

ダイアディックコミュニケーションとは

ダイアディックコミュニケーションとは、二人だけが関わる相互作用のことです。

ここでは、ある人が別の人と自分の考えを共有します。

ダイアドコミュニケーションには、フォーマルなものとインフォーマルなものの2つの形式があります。

就職面接、カウンセリング、告白などは、フォーマルなダイアディックコミュニケーションの例です。

これらは通常、2人の参加者が対等な立場でないときに発生します。

一方、インフォーマル・ダイアドコミュニケーションには、友人や家族との会話が含まれます。

Main Difference - Dyadic vs Group Communication

会話は、ダイアドコミュニケーションの最も一般的な形式です。

ここでは、二人の参加者が交互に話し手と聞き手を演じます。

したがって、一進一退の議論となる。

このタイプのコミュニケーションには、ジェスチャー、ボディランゲージ、顔の表情なども含まれます。

なお、電話やビデオチャットなどでの二者間コミュニケーションも、ダイアドコミュニケーションの一種です

グループコミュニケーションとは

グループコミュニケーションとは、2人以上が参加するコミュニケーションのことです。

特に、より少ない人数(3~20人程度)で行うコミュニケーションの場合、スモールグループコミュニケーションとも呼ばれます。

グループコミュニケーションにおける最小人数は3人ですが、正確な最大人数は決まっておらず、実際にはグループの目的によってグループの規模は異なります。

また、グループコミュニケーションは、通常、何らかの目標達成やタスクの完了に焦点を合わせて行われます。

例えば、数学の課題に取り組む学生グループ、新製品の発売に取り組むマーケティングチーム、政治家の選挙チーム、研究室の研究者グループなどでのコミュニケーションです。

グループのメンバーの特徴や性格、グループの課題、利用できるリソース、グループのサイズなど、いくつかの要因がグループの構造に影響を与えることがあります。

例えば、課題またはテーマについてより多くの情報を知っている人が、グループの リーダーシップを取るために名乗りを上げるかもしれません。

また、メンバーの個性や知識、経験によって、さまざまな役割を担うこともあります。

さらに、グループの規模や構造も、グループ内のコミュニケーションに影響を与える可能性があります

例えば、大規模なグループでは、協調性や法人格の問題に直面することがあります。

グループのメンバーは共通の目的と運命を共有しているため、グループメンバー間には相互依存関係が存在する。

ダイアディック・コミュニケーションとグループ・コミュニケーションの違い

定義

ダイアディックコミュニケーションは2人の間で行われる相互作用であるが、グループコミュニケーションは3人以上の間で行われる相互作用です。

グループサイズ

ダイアドコミュニケーションが常に2人で行われるのに対し、グループコミュニケーションは多くの人が参加することがあります。

目的

ダイアドコミュニケーションの目的は、アイデアの共有や関係構築であるが、グループコミュニケーションの目的は、タスクの補完や目標達成です。

役割

ダイアドコミュニケーションでは、二人の参加者が交互に聞き手と話し手の役割を演じます。

しかし、グループコミュニケーションでは、話し手と聞き手だけでなく、グループ内の異なるメンバーが異なる役割を担うことがあります。

友人同士のおしゃべり、上司と従業員の会議、個人カウンセリング、母親と娘の会話などは、ダイアドコミュニケーションの例です。

役員会、勉強会、図書委員会、企業のマーケティングチームなどでのやりとりは、グループコミュニケーションの例です。

結論

コミュニケーションの形態には、大きく分けてダイアドコミュニケーションとグループコミュニケーションがあります。

ダイアドコミュニケーションとグループコミュニケーションの大きな違いは、ダイアドコミュニケーションは2人の間で行われるのに対し、グループコミュニケーションは3人以上の間で行われる点です。

参考までに

  1. “第13章 小グループコミュニケーション” 2012 Book Archive – Lardbucket, ここから入手できます。
  2. “ダイアディックコミュニケーションとは何か” 参考文献, IAC出版, こちらから入手できます。
タイトルとURLをコピーしました